Skip to main content

Defense Applications-JP.jpg

Webセミナー

防衛アプリケーションのための

DC-DC電源システムの要求仕様 

有効な情報をご入力ください。

このWebセミナー(ウェビナー)を今すぐ見る

Webセミナー(ウェビナー)を視聴するには、フォームに必要事項をご入力ください。

エラー

フォーム送信中にエラーが発生しました

防衛用の電源システム設計における、電気的性能および、環境条件の最も厳しい要件仕様への適応する方法についてお話いたします。これらの要件仕様の多くには、適合することが非常に困難な厳しい規格が含まれています。例えば、困難な電圧範囲の要件を有し、大きなトランジェント現象の抑制やEMIの低減を必要とすることなどです。

柔軟な電源コンポーネントがどのように設計時間を短縮するのに役立つかご理解いただけます。

本ウェブセミナーでは、防衛システム設計に関連する数千の課題に30年以上携わってきたVicorシステムアプリケーションエンジニアのVamshi Domudalaが、ご説明します。

主なトピックは以下のとおりです。

  • DC-DCシステムが準拠すべきMIL規格
  • 典型的なアプリケーションと現在、及び将来的なニーズを満たすための検証結果
  • フィルタとレイアウトを使ってノイズを減らす方法
  • 防衛用アプリケーション向けに最適化された電源コンポ―ネント

受講対象者

本ウェブセミナーは、防衛用電源システム設計を担当するエンジニアや、厳しい要件への理解を深めたい技術管理者におすすめです。

制作・監修者の略歴

バムシー  ダムダラ

Vicor システムアプリケーションエンジニア

学歴:マサチューセッツ大学ローウェル校 電子コンピューターエンジニアリング 修士号取得