Skip to main content

Battery Applications-JP.jpg

Webセミナー

バッテリー・アプリケーション向けパワーコンポーネント

有効な情報をご入力ください。

このWebセミナー(ウェビナー)を今すぐ見る

Webセミナー(ウェビナー)を視聴するには、フォームに必要事項をご入力ください。

エラー

フォーム送信中にエラーが発生しました

昨今では、電気自動車や家庭用エネルギー貯蔵から通信インフラストラクチャに至るまでの多くのシステムでは、バッテリを使用してポータブル電源を有効にしたり、主電源に障害が発生した場合のバックアップとしてバッテリを利用しています。 バッテリの需要が増加し続ける中、エンジニアはバッテリ駆動システムを設計するため、より簡単なアプローチを必要とします。 特に、バッテリの出力電圧は大幅に変化する可能性がありますが、電力システムは、負荷に一定の電圧を供給すること、また、バッテリを充電するための電流源として動作しなければなりません。さらには継続的な効率性が求められます。

本ウェブセミナーでは、柔軟性の高いパワーコンポーネントを使用して設計サイクルを短縮し、電力システムを簡素化し、コスト、重量、サイズを削減しながら効率を上げる方法について説明します

このウェブセミナーでは次のトピックをカバーします。

  • 広い入出力電圧範囲が重要な理由
  • 拡張性の高い電力システムの設計方法
  • 現在および将来のニーズを満たす拡張性の高い電力システムの設計方法
  • バッテリを搭載したシステムでの電力密度と効率の最大化

受講対象者

このウェブセミナーは、バッテリを使用して数ワット以上の電力を供給するシステムの開発を担当するエンジニアを対象としています。 また、電力システム設計の新しいアプローチがどのようにバッテリベースのシステムを強化できるかについてもご説明させて頂きます。

制作・監修者の略歴

Travis Williams

Travis Williams has extensive experience of power electronics design. He has worked at Vicor for two years and previously held a variety of engineering roles for 14 years. His patents include one to estimate the state of charge of a battery, and he holds a BSEE from Brigham Young University and an MBA from the University of Southern Maine.