Skip to main content

幅広いアプリケーションで必要とされる大電力を高効率で給電するには?(日)

電力供給ネットワークを刷新する 電圧変換比固定DC-DC コンバータimage

システム内のさまざまな負荷への電力供給は、一般にPDN と呼ばれる、電力供給ネットワークを介して行われます。

PDN の性能は、電力供給ネットワーク全体のアーキテクチャ、すなわち、配電はAC かDC か、どのような電圧で配電するか、どの段階で電圧変換およびレギュレーション(電圧調整)を行うか、またその回数などによって決まります。

ホワイトペーパー「電力供給ネットワークを刷新する電圧変換比固定DC-DC コンバータ」では、電圧変換比固定コンバータ(バスコンバータともいう)という特定のDC-DC コンバータについて解説し、特に大電力の電源システムを設計するうえで、このコンバータがとても重要な構成要素となることを示します。

wp-Redefining Architectures-Fixed‑Ratio-jp.svg