Skip to main content
AI、HPC、データセンタのパフォーマンスを最大化させるパワーソリューション フロント・エンド ソリューション プロセッサソリューション

Power delivery is now the limiting factor

電力供給と電力効率は、大規模コンピューティングシステムの分野で最大の懸念点となっています。AI・データセンタ業界では、複雑なAI機能を処理するASICやGPUの出現にともない、プロセッサで消費される電力が劇的な増加を見せています。加えて、大規模学習や推論アプリケーション展開で利用されるAI能力により、ラックパワーも増大。多くの場合、新型CPUの電流消費量が増加傾向にあるため、目下のところ電力供給は計算性能の足かせとなっています。電力を供給するには、電力の給電のみではなく、効率、サイズ、費用、熱的性能なども重要な要素となります。

VicorユーザーからのGPU/CPUピーク電流要件が増大

Vicor customer peak CPU/GPU current

コンピュータ給電用のVicor 48Vエコシステムコンポーネント

Vicor 48V ecosystem

Vicorは、ACや高電圧DC配電を可能にする製品ポートフォリオと、48V直接負荷変換のためのファクトライズド・パワー・ソリューションを確立しました。48V配電は、従来の12V配電よりも配電損失を16倍低減する最大のSELV電圧を提供します。どの製品も最先端のCPU、GPU、ASICを使用する大規模コンピューティングシステムのニーズを満たし、高電力密度、高効率、高コストパフォーマンスを実現します。

ACおよび高電圧DCフロント・エンド ソリューション

ラック/タンクのAC電源

Vicor PowerTablet rは、大電力出力コンピューティングラックおよび浸漬タンクシステム向けのソリューションです。PowerTablet - RFM9459は、24 × 15 x 1.5cmのタブレット形状のフォームファクタで、12kWを提供します。プレーナフォームファクタにより、高度な冷却システムへ装着しやすくなり、従来よりも高密度ソリューションを提供できるようになるため、AC電源をラックまたはタンクに再配置する選択も可能になります。 

Vicor PowerTablet enables higher density rack configuration

Enabling HVDC distribution

The BCM® (Bus Converter Module) can be used to convert HVDC to an isolated SELV output for 48V distribution. The through hole mounted package has a 61 x 23 x 7.2 mm form factor that enables the distribution of HVDC within a rack or directly into the servers, allowing for optimal placement within air, liquid, or immersion-cooled systems. The fixed ratio conversion enables a peak efficiency of 98% with up to 35A of output current for high power processors, memory, solid-state drives, and additional features.

380V distribution

プロセッサを給電するソリューション 

Factorized power architecture 

Factorized power architecture factorizes the power into the dedicated functions of regulation and transformation. Both of these functions are able to be optimized and deployed individually to provide a high density and high-efficiency solution. This solution is a departure from the conventional 12V multiphase scheme that relies on a parallel array of switching regulators and inductors. This conventional scheme is difficult to scale: more power means more regulators to be paralleled, overall size increases and distance of the high current delivery to the processor increases. All results in more losses incurred in the system. Vicorファクトライズド・パワー・アーキテクチャについて詳しくみる

Power-on-Package Lateral Power Delivery (LPD) 

High-current delivery is provided via the MCM modules that can be placed adjacent to the processor either on the motherboard or on the processor substrate. Placement on the substrate minimizes PDN losses and reduces the number of processor substrate BGA pins required for power.

Vicor Power-on-Package lateral power delivery

Power-on-Package Vertical Power Delivery (VPD)

VPD further eliminates power distribution losses and VR PCB board area consumption. VPD is similar in design to the Vicor LPD solution, with the added integration of bypass capacitance into the current multiplier or GCM module.

48Vシステムと12Vシステム間で伝送を可能に

従来のシステムの48V給電 

VicorのNBM2317は双方向コンバータであり、48Vから12Vへ、12Vから48Vへ効率的に変換することが可能です。NBMを使用すれば、従来のボードを48Vバスインフラに接続したり、最新のGPUを従来の12Vラックに接続したりすることが容易にできます。

Vicor data center migration to 48V from 12V

48Vから補助的な負荷へ直接給電

VicorのZVSレギュレータは、サーバーボードやブレード上で補助的な負荷をサポートし、48Vから12V、5V、3.3Vへ変換します。ZVSは小型で、効率は従来の12Vレギュレータと同等レベルです。

Powering auxiliary loads with a 48V architecture

パワーシステムデザイナー

パワーシステムデザイナーを使ってクイック製品検索

入力仕様:

出力仕様:

出力仕様:

出力

コンテンツ

Contact Form

お問い合わせ

Thank you for contacting us

後日、Vicor株式会社 (Vicor KK)の担当者よりご連絡いたします。