Skip to main content

Vicor は、ベルリンで開催される『2018 オートモーティブ 48V 電源と給電システムフォーラム』で講演

メディアアラート

Vicor は、ベルリンで開催される『2018 オートモーティブ 48V 電源と給電システムフォーラム』で講演

2018年09月26日

ポール・ヤーマン (Vicor アプリケーションエンジニアリング部 ディレクター)は、先進的なパワーアーキテクチャと革新的なパッケージング技術が、従来の電力変換設計に比べて、ハイブリッドカー、電気自動車および自動運転車にもたらす利点について講演いたします。

このフォーラムでは、特に自動車性能、コスト効率、燃費向上を目的とした48V配電に焦点を当てています。

 「自動車用48V電源と給電システムフォーラム」は、2018年10月17日~18日にベルリンで開催されます。

これら製品について詳細は以下をご覧ください。
http://powerblog.vicorpower.com/2018/09/vicor-to-present-at-the-2nd-annual-2018-automotive-48v-
power-supply-and-electrification-system-forum/

Vicor Corporationについて

米国マサチューセッツ州アンドーバーに本社を置く、革新的な高性能モジュール型パワー・コンポーネントの設計、製造、および販売を行う電源メーカーです。高性能コンピューティング、通信ネットワーク、産業機器、車両・輸送機器、航空防衛などをターゲット市場とし、コンセントからPoLに到るまでの効率的な電圧変換、パワー・マネージメントを実現可能にするためブリック製品から半導体中心の製品に到るまで、最適ソリューションを提供します。

www.vicorpower.com

Power Component Design Methodologyとは

Vicor のパワーコンポーネントデザイン手法によって、電源システムの設計者は、モジュール型電源コンポーネントの設計上の課題、すなわち電源コンポーネントの予測、システムの機能や信頼性の確保、迅速な設計サイクル、そして容易なシステムの構成・再構築・拡張性を解決できます。さらに、効率、電力密度、経済性を考慮したベストの代替ソリューションも検証できます。Vicor のオンラインツールを活用して、電源システム設計者は、実績のある Vicor パワーコンポーネントの豊富なポートフォリオから、入力ソースから負荷ポイントまでの完全な電源システムを設計、最適化、シミュレーションすることができます。この革新的な電源システム設計は、市場投入までの時間を短縮し、最先端のパフォーマンスを提供しながら、従来のまたはカスタム設計手法で頻繁に発生する直前の問題や遅延の可能性を最小限に抑えます。

Vicor は Vicor Corporationの登録商標です。

お問い合わせ

Vicor KK マーケティング部 関本 TEL : 03-5487-3016
fsekimoto@vicorpower.com

連絡先 Colin Boroski Rainier Communications 508-475-0025 X 142 cboroski@rainierco.com