Skip to main content

電源エンジニアは仕様変更に苦労:最近のVicor調査より

メディアアラート

電源エンジニアは仕様変更に苦労:最近のVicor調査より

6月 20, 2017

Tエンジニアが認識する最大の電源設計の課題は、設計プロセスが開始された後の仕様変更です。 Vicor Corporationの調査によると、世界中の電源システム設計者の87%について、仕様変更が電源システムの設計における最も頻繁な障害であることを確認しました。

「電源システム設計を作成する際に、仕様変更を予期して新しい柔軟なアプローチを検討する必要があります」と、製品マーケティング担当副社長のRob Russell氏は述べています。 「Vicor独自のパワー・コンポーネント・デザイン手法をベースとしたオンラインツールにより、エンジニアは計画通りのリスクを最小限に抑えながら、パワー・デザインのさまざまなコンポーネントを簡単に交換することができます。」

この調査では、プロジェクトの納期に間に合わせるという課題も強調されました。パワー・エンジニアの80%は、電源システム設計の時間制約を克服するためにすでに苦労しており、79%は市場に製品を提供するまでの時間のプレッシャーのためにプロジェクト・スケジュールが厳しいと感じています。仕様変更は、エンジニアの65%によると、スケジュールに直接悪影響を与えます。

Vicorの更なる研究により、ますます要求の厳しいビジネス環境での電源システム設計の今日の試行と課題が明らかになりました。一連のホワイトペーパーの「スペック変更のトップリスト」の最初の記事で、仕様変更の原因と影響を詳細に分析しています。仕様の変更は避けられませんが、変更を管理するアプローチによって、問題は最少化できます。ホワイトペーパーをダウンロードするには、 Spec Changes Top List of Power Designers’ Challengesにアクセスしてください。

バイコーについて

米国マサチューセッツ州アンドーバーに本社を置く、革新的な高性能モジュール型パワー・コンポーネントの設計、製造、および販売を行う電源メーカーです。高性能コンピューティング、通信ネットワーク、産業機器、車両・輸送機器、航空防衛などをターゲット市場とし、コンセントからPoLに到るまでの効率的な電圧変換、パワー・マネージメントを実現可能にするためブリック製品から半導体中心の製品に到るまで、最適ソリューションを提供します。www.vicorpower.com

パワーコンポネントデザイン手法とは

バイコーのパワーコンポネントデザイン手法によって、電源システムの設計者は、モジュール型電源コンポーネントの設計上の課題、すなわち電源コンポーネントの予測、システムの機能や信頼性の確保、迅速な設計サイクル、そして容易なシステムの構成・再構成・拡張性を解決できます。さらに、効率、電力密度、経済性を考慮したベストの代替ソリューションも検証できます。バイコーのパワーシステムデザイナー オンラインツールを活用することで、電源設計者はバイコーの実績ある電源コンポーネントを幅広いポートフォリオの中から選択でき、入力源から負荷端まで通して完全な電源システムを設計でき、最適化し、シミュレーションを行なうことができます。この革新的な電源システム設計のアプローチは、マーケットへの迅速な適用と最先端の性能を提供すると共に、一方で一般的な、またはカスタム設計の手法ではよく起こりうる最後のフェーズでの変更や遅延の可能性を最小限にします。

Vicor はVicor Corporationの登録商標です。

プレスリリースに関するお問い合わせ

Alex Price
Marketing Manager, EMEA
Vicor Europe
+44 (0) 1276 678222
aprice@vicorpower.com

連絡先 Colin Boroski Rainier Communications 508-475-0025 X 142 cboroski@rainierco.com