Skip to main content
電力供給のイノベーション
HIRO社の小型で拡張性が高いエッジコンピューティング

Boosting edge performance

エッジの性能を強化

人工知能(AI)や機械学習、IoTのポテンシャルを最大限に引き出すためには、エッジコンピューティングが不可欠です。自律運転やスマートビルディング、ロボティクス、サプライチェーン管理、ヘルスケアなどのアプリケーションは急成長しており、これらを提供するAIコンピュータには素早い応答が求められます。ところが、遠隔地の大規模データセンターにあるクラウドコンピュータではスピードが不足します。コンピューティングとデータ転送のスピードを上げるためには、AIプロセッサとスマートデバイス、つまり「エッジ」の距離を近づける必要があります。急成長する「エッジ」への給電は大きな課題であり、高性能のプロセッサへ給電する信頼性が高くコンパクトな電力供給ネットワークが不可欠です。

Customer challenge

技術的な課題

High power density

高電力密度

Compact thermal cooling

少ない冷却

Simple scalable power

高いスケーラビリティ

Delivering compact, ubiquitous computing power

コンパクトなユビキタスコンピューティングを提供する

HIRO社 はオランダのテクノロジーベンチャー企業で、インテリジェントエッジのサービスを提供する高性能で信頼性の高いエッジインフラ(ハードウェアおよびソフトウェア)を開発しています。エッジマイクロデータセンター(EMDC)とは、拡張性が高くコンパクトで過酷な屋外の環境でも稼働する、エッジコンピューティングリソースです。EMDCには、CPU、GPU、FPGA、NVMe(不揮発性メモリ・エクスプレス)メディアなどを、種類や数を問わず、組み合わせることができ、1.5kWの靴箱サイズから500kWのコンテナ型エッジ設備まで提供できます。これらのプラットフォームは完全なソリッドステートでモジュール構成になっており、メンテナンスをほとんど必要とせず、冷却のためのエネルギーも必要ありません。

HIRO社はエッジコンピューティングで地域社会に貢献しており、EMDCによる病院の支援に特に力を注いでいます。心疾患、がん、腫瘍、その他の複雑な疾患の発見と治療に役立つAIモデルを、プライバシーを保護しながら構築するための、高性能で信頼性の高いエッジ環境を開発しています。

Advantages of a Vicor solution

Vicor の特長

Modular compact power

モジュールで構成する小型な電源

High efficiency

高効率

Convection cooling

対流冷却

高電力密度・高効率の電源が、拡張性が高く
高性能なエッジコンピューティングを支える

配電電圧を12VDC から48VDC に変えることで、電力変換機能は極めてコンパクトで高効率になります。電圧を高くすることで、電力供給ネットワーク (PDN)全体の I2R損失を1/16に減らすことができます。Vicorの高電力密度・高効率の電源モジュール DCMを使うことで、HIROが設計するEMDCの、ソリッドステートで放熱に優れ、コンパクトでエネルギー効率が高いという特徴が実現します。例えば、標準的なCOM Express® モジュール (computer-on-module) を使用した従来のソリューションでは、3Uサイズのシャーシで約3kWまでの電力を使います。この電力を高効率で変換することは、EMDCのパフォーマンスにとって極めて重要です。HIROのEMDC設計をサポートしたハンガリーのハードウェア設計会社である PCB Design 社 は、小型・高効率で温度特性が良いVicorの電源モジュール DCM を採用しました。DCMにより48Vを12Vへ変換します。DCMは様々な冷却方法に対応でき、電力密度は世界最高レベルです。この柔軟性のため、再生可能エネルギーの用途にも適しています。

HIRO micro datacenters

電力供給ネットワーク (PDN)

HIRO PDN
DCM DC-DC converter

DCM3717S60E14G5TN0 DC-DCコンバータ

入力電圧: 54V (40 – 60V)

出力電圧: 12.2V (10.0 – 13.5V)

出力電力: 最大750W

36.70 x 17.30 x 7.42mm