Skip to main content
 
 
 
 
自動車向け電源システムソリューション
ソリューションを見る お問い合わせ

車の電動化の課題

Electric cars

乗用車・SUV

Mild hybrid vehicle

マイルドハイブリッド車

トラック・バス

Sports car

ハイエンドスポーツカー

Plug-in hybrid

電気自動車

EV motorcycles

電動二輪車

自動車メーカーは、厳しいCO₂排出規制を満たさなければならない一方で、車両の機能と性能を向上して、競争力を維持する必要ががあります。この大きな課題を解決するのは車両の電動化です。その中で、電気自動車(EV)やハイブリッドカー(HEV)だけでなく、内燃機型エンジン車(ICV)についても、車両内のPDN(電力供給ネットワーク )の構成が変わってきました。必要な電力が増えているために48V、400V、800Vなどの高電圧バッテリーを追加すると、PDN(電力供給ネットワーク )が非常に複雑になります。また、バッテリー充電や電力変換、配電のための、電力コンバータやレギュレータを新たに追加するため、重量とスペースが増えることになります。

充電

どの充電ステーションでも、400Vまたは800Vバッテリーの電気自動車の充電ができる

電力変換

高電圧、大電力バッテリーから、新しい48Vシステムと従来の12V負荷のために、軽く高電力密度のDC-DCコンバータで変換

電力供給

新しい48V系の電力供給ネットワークで、従来の12V負荷や、新しい工藤モータ、ステアリング、ブレーキバイワイヤーなどの高出力システムへ給電

モジュール構成の電源システムソリューション

モジュール構成の電源システムソリューション

Vicorの電源モジュールを組合わせて電力供給システムを設計することで、性能、柔軟性、スケーラビリティを、従来にない高いレベルで実現できます。 Vicorは、配電アーキテクチャ、電力変換技術、制御システム、パッケージング技術について最先端の技術を持っており、業界最高クラスの電力密度と高効率のソリューションで、電動化の課題を解決します。

The benefits of modular power

特長と利点

高電力密度

高電力密度

時間を短縮

SOPまでの時間を短縮

高効率

高効率

モジュールの再利用

モジュールソリューションは再構成が容易

When high performance mattered, Delta Motorsport chose Vicor to power hybrid electric race cars.

Powering innovation
When high performance mattered, Delta Motorsport chose Vicor to power hybrid electric race cars.

Read story

分散型アーキテクチャを簡素化する、モジュール構成の電源ソリューション

Vicor automotive power solutions

充電

電気自動車の充電ステーションは、400V系と800V系があるため、両方の充電ステーションに対応するためには、これら2種類の電圧間を簡単に高効率で変換することが必要です。NBM6123を用いると、400Vと800Vの間を固定の変圧比で変換でき、6kWの電力を63 x 23mmのCM-ChiPパッケージで扱うことができます。高効率で高電力密度、スケーラブルなバッテリーと充電ステーション間の互換性を確保するソリューションが実現します。NBM6123は双方向電圧変換ができるため、同じモジュールを昇圧または降圧の用途に使用できます。さらに800Vで充電中に、NBM6123を用いることで、エアコンや社内機器用に400Vを供給することができるため、バッテリーバランス回路を使わずにすみます。

Vicor automotive charging solutions
NBM6123 CM-ChiP

NBM6123

出力電流: 15A @400V, 7.5A @800V

変換効率: 99.3% peak, 98.8% full load

61 x 23 x 7.4mm

電力変換

電動車の高電圧メインバッテリー電圧を変換する場合、従来のソリューションでは、多くの重量とスペースが必要になります。コンバータ自体の他にも、2つめの中間電圧のバッテリーが必要になる場合があります。そこで、BCM6135を用いて、標準の800Vや400Vのバッテリーを48V電力供給ネットワークに組み込むことで、必要な重量とスペースを抑えることができます。さらに、BCM6135は双方向電力変換が可能で高速過渡応答性能に優れているため、中間電圧48Vでエネルギーを蓄える必要がありません。BCM6135を使うことで、高電圧バッテリーをシステム内で仮想的に48Vバッテリーとして扱うことができます。

Vicor automotive conversion solutions
BCM6135 SM-Chip

400V BCM6135

入力電圧: 260 – 410V

出力電圧: 32.5 – 51.3V

出力電流: 最大65A

61 x 35 x 7.4mm

BCM6135 SM-Chip

900V BCM6135

入力電圧: 520 – 920V

出力電圧: 32.5 – 57.5V

出力電流: 最大80A

61 x 35 x 7.4mm

BCM6135 SM-Chip

1200V BCM6135

入力電圧: 780 – 1,200V

出力電圧: 32.5 – 50.0V

出力電流: 最大80A

61 x 35 x 7.4mm

電力供給

新しい48V系のPDN(電力供給ネットワーク)からは、従来の12V負荷と新しい駆動モータ系、ステアリング、ブレーキバイワイヤーなどの大電力負荷に給電する必要があります。48Vで給電する負荷が増加するに伴い、従来の大型でディスクリート構成の電源よりも電力密度が高い、モジュールが求められています。Vicorは、48Vから給電するためのモジュールを提供しており、これらの中には48Vと12Vの両方の負荷に対応する、電圧変換比固定コンバータと、電圧レギュレータがあります。コンバータを1つのハウジングに格納することもでき、簡単で軽量な48V電力供給ネットワークを介して車両全体へ配置することもできます。DCMとPRMは電圧安定化のモジュールであり、それぞれ48Vから12V、48V(安定化されていない)から48V(安定化されている)に変換します。NBMは、48Vから12Vまたは12Vから48Vの双方向電圧変換が可能な電圧変換比固定のDC-DCコンバータです。

Vicor automotive delivery solutions
DCM3717 SM-Chip

DCM3717

入力電圧: 40 – 60V

出力電圧: 10 – 13.5V

出力電流: 最大750W

37 x 17 x 7.4mm

NBM2317 SM-Chip

NBM2317

入力電圧: 36 – 60V

出力電圧: 7.2 – 15.3V

出力電流: 1kW

22.8 x 17.3 x 7.4mm

PRM3735 SM-Chip

PRM3735 

入力電圧: 31 – 58V 

出力電圧: 36 – 54V

出力電流: 2.5kW

36.6 x 35.4 x 7.4mm

コンテンツ

有効な情報をご入力ください。

オートモーティブに関するお問い合わせ

オートモーティブに関するお問い合わせ

エラー

フォーム送信中にエラーが発生しました